Home

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

深山幽谷の川へ、イワナ。 

genryuu2019-4

夏のはじまりに、源流へ出かけた。
車をほっぽり出して、山を登って、ゆっくりと流れに入る。
そこには奥深く静かな谷と複雑に入り組んだ水の回廊が広がっていた。

全文を読む

5つの湖を巡る釣り旅 然別湖のミヤベイワナ、ニジマス

5_northlake_trip2019-76

北海道の5つの湖を巡る旅。最後の目的地は、然別湖だった。
この湖の上で、僕は釣りの楽しみの多くを学んできた。

ところで、アイヌの言葉で然別というのは少し解釈が難しい。
然別は<si kari-pee>つまり、シカリッペと発音する。
その訳語は「自分を回す川」となる。

全文を読む

5つの湖を巡る釣り旅 朱鞠内湖のイトウ

5_northlake_trip2019-57

北海道の湖を巡る旅、4つ目の湖は、朱鞠内湖だった。
アイヌの言葉でスマリナイ<sumarinai>とは、キツネの川。
たくさんのキツネがこの湖の周りにいたから、この呼び名がついたのだろうか。

全文を読む

5つの湖を巡る釣り旅 屈斜路湖のニジマス、アメマス

5_northlake_trip2019-28

北海道を巡る旅、3つ目の湖は屈斜路湖。
屈斜路は、クッチャラ(kutcar)という、湖の喉口を意味するアイヌ語に由来する。

実はこの湖、過去に何度か訪れているが、苦手意識が拭えないでいた。

全文を読む

5つの湖を巡る釣り旅 阿寒湖のアメマス

5_northlake_trip2019-16

北海道の湖を巡る旅、2つ目の湖は阿寒湖だった。

阿寒はアイヌ語のアカム<akamu>で、”車のごときこと”を意味する。
これだけだと意味が分からない。
阿寒湖の背景にある、大きな2つの岳。これが車の両輪に見えるから阿寒。
というのが、有力らしい。

全文を読む

5つの湖を巡る釣り旅 支笏湖のブラウントラウト、アメマス

5_northlake_trip2019-8

トラウトを追いかけ、北海道の5つの湖を巡る旅。
ひとつめは、千歳にある支笏湖だった。

旅のはじまりの日、旧北海道庁にあるアイヌ語の地名に関する資料を見た。
今回めぐる5つの湖の由来もこの中に書かれている。
アイヌではシコッ<sikot>と発音して、大きい窪みを意味する。

全文を読む

北海道のトラウト 5つの湖を巡る釣り旅(支笏湖、阿寒湖、屈斜路湖、朱鞠内湖、然別湖)

5_northlake_trip2019top-1

あわただしく過ぎゆく時の波に、ふと足元をすくわれそうになった時。
いつも思い描く、湖があります。
そこには、たくさんの魚が泳いでいて、彼らの気まぐれに一喜一憂する自分がいます。

トラウトを求めて北海道へ。5つの湖を巡る旅。
それは、どこにでもいる、ごく普通のアングラーの、ありふれた釣りの旅。

でも、その懐かしさに似た、旅の記憶を紐解く時。
こころの湖に、波紋が幾重にも広がるように、ゆっくりと・・・優しさが満ちてきます。

全文を読む

Home

Fish Photography
ミヤベイワナ 2017秋冬
マングローブジャック
アーチャーフィッシュ
クロダイ
ニジマス 2016秋冬
ミヤベイワナ 2016春夏
イトウ
チャム サーモン
カラフトマス
イワナ
サクラマス
アメマス
ブラウントラウト
ニジマス 2013秋冬

Return to page top